おいしいワインと日本酒探し

ワインと日本酒を紹介します。オススメのワイナリーや酒蔵も紹介します。 おすすめのお酒とか、酒造巡りとか教えてくれたらうれしいです。

京都伏見 黄桜伏水蔵に行ってみた 充実した施設に大満足

京都伏見の黄桜伏水蔵に行ってきました。

人によっては昔CMで黄桜のカッパがよくやっていたので馴染み深いかもしれません。

 

f:id:ausasutno:20170909094256j:plain

上の画像が黄桜の入口なのですが本当に入ってよいのか迷いますが、勇気を出して入りましょう。すると広いエントランスと受付のスタッフが待っています。行ってみれば分かりますが、中が立派なので一瞬、会社?入ったのは失敗?と思ってしまいます。僕はエントランスで挙動不審になっていたら親切な受付の方に声をかけてもらって無事見学することができました。まず受付の方に声をかけると、2Fのシアターに案内してもらえます。ここで10~20分くらい映像を見ます。映像を見た後は自由行動です。

f:id:ausasutno:20170909094725j:plain

画像は黄桜のフロアマップなのですが、5Fまであり、とても広いことが分かります。現在18蔵の酒蔵を見に行きましたが、間違いなくトップクラスの広さです。自由行動とは言いましたが、5Fから見ることが推奨されましたので5Fから行きました。

 

f:id:ausasutno:20170909095241j:plain

うまく撮れなかったのですが、内装がしっかりしていることが分かります。ここは日本酒のコーナーです。じつは黄桜はビールも作っていまして、ビールのことも紹介してくれます。

f:id:ausasutno:20170909095610j:plain

こちらが2Fの売店です。売店が充実しているので見ているだけでも楽しくなります。ここで僕は黄桜の利き酒セットと、利きビールセットを買いました。

 

f:id:ausasutno:20170909095825j:plain

お待ちかねの試飲タイムですが、このおしゃれなカウンターで試飲できます。

f:id:ausasutno:20170909095929j:plain

これが試飲のメニューです。全部有料なのですがビールも飲めます。僕はダイヤモンドと黄桜Sを飲みました。スーパープレミアムも飲みたかったのですが、酔いでこれ以上飲めなかったので…。

 

f:id:ausasutno:20170909100236j:plain

ダイヤモンドとはこれのことです。普通に買うと15000円。それもそのはず、精米歩合が35%で、そして高級ワインをライバルにしているのですから。試飲なら1500円で試せるとのことで冒険してこれを飲みました。

 

感想ですが、香りがすごくよかったです。味の方はシンプルにそして、日本酒レベルが磨かれすぎて味が薄く感じました。おいしいのですが、まだ初心者には価値がわからないという味です。玄人向けだと思いました。味がわかるようになったら再チャレンジしたいです。少なくとも香りに関しては日本酒の初心者にも衝撃を与えてくれるので贈り物に良いかもしれません。日本酒に偏見を持っている人でしたら、少なくとも味にも意識に影響を良い意味で与えてくれると思います。

 

まあでも高すぎるので普通の買い物には黄桜Sがおすすめです。1000円弱で買えるのですが、休日の土日に飲む特別な日本酒というのをコンセプトにしているだけあって、休日に楽しむお手軽プレミアム日本酒という感じです。試飲も200円できるので、おすすめです。荷物があまりに重かったので断念しましたが、つぎこそ自分用に買いたいです。

 

f:id:ausasutno:20170909101409j:plain

売店、試飲コーナーの近くにレストランがあり、1500円で食べられました。京都に来た感じがあっていいですよね。予約すれば、もっと豪華なコースが選択できます。もちろんここでも日本酒を注文でき、確か利き酒セットみたいのが頼めました。

 

さていかがでしたか、黄桜伏水蔵の魅力を伝えられたか分からないですが、この記事で黄桜に興味を持ってくれたらうれしいです。ほかにも京都では月桂冠大倉記念館と堀野記念館(日本酒の施設)がおすすめです。

 

〇アクセス

京都駅

中書島駅(ちゅうしょじま)

徒歩10分

 

 公式サイト

黄桜株式会社(キザクラ・KIZAKURA)

 

 

最後に、おすすめの日本酒の購入リンクです。今すぐ買いたい人向けです。

黄桜 S 純米大吟醸 500ml [京都府/辛口]