おいしいワインと日本酒探し

ワインと日本酒を紹介します。オススメのワイナリーや酒蔵も紹介します。 おすすめのお酒とか、酒造巡りとか教えてくれたらうれしいです。

京都伏見 月桂冠大倉記念館 必見、酒の資料館も見れて試飲もできる

f:id:ausasutno:20170831005507j:plain

日本酒ファンが京都を観光する上で見逃せないスポットがあります。それは伏見の月桂冠大倉記念館と黄桜伏水蔵です。今回は月桂冠の方を紹介します。

 

まず注意しないといけないが入館料が300円かかります。

 

館内では展示室が二つあって、お酒の作り方紹介やその時使った道具の展示室と、明治、大正時代の資料や商品、広告などの展示室の二つがあります。けっこう広いので、お酒が飲めなくても楽しめると思います。

 

f:id:ausasutno:20170831010633j:plain

 

これは中庭の画像です。仕込み水を飲むことができます。水の味は正直わからないのですが、あれば飲んでみたくなります。記念館が広いことがこの風景から、うかがえます。

 

展示室の見学が終わりますと、お待ちかねの試飲タイムです。

 

レトロボトル吟醸酒

玉の泉 大吟醸

プラムワインの三つを試飲できます。

 

日本酒の酒造がワイン作っていたのが驚きでした。ブドウ以外のワインはワインじゃないという人にとってはまあワイン作っているとは言えないという人がいるかもしれないですが、それでも洋酒を作っているのは意外です。

 

この三つの中で気に入ったのがレトロボトル吟醸酒

濃いめの甘口でした。

 

このお酒は1910年、明治時代の末期に開発されたものでそれが今でも作られており、当時のお酒を体験できるのが魅力です。あじも一癖あった気がするんで、人を選ぶかもしれないですが僕は気に入りました。いつの年代か忘れましたが、店員さんによると昔これが甘口のこのお酒が流行ったらしいです。お土産に買っとけばよかったと後悔したお酒の一つです。このお酒は記念館限定の品ですが月桂冠のオンラインショップで購入できるみたいです。2000円くらいだったかな。

 

店員さんの説明に熱がこもっていたのも印象的でした。

 

アクセス

京都駅→中書島駅→徒歩10分くらい

 

公式サイト

月桂冠大倉記念館|酒どころ伏見への旅|月桂冠 ホームページ

 

 

月桂冠 日本酒飲みくらべ6本セット 利き猪口付

月桂冠 日本酒飲みくらべ6本セット 利き猪口付