おいしいワインと日本酒探し

ワインと日本酒を紹介します。オススメのワイナリーや酒蔵も紹介します。 おすすめのお酒とか、酒造巡りとか教えてくれたらうれしいです。

田中酒造の酒粕 大吟醸の酒粕って贅沢だよね 甘酒のレシピも!

 田中酒造亀甲蔵で酒粕を600円くらいで酒粕を購入しました。既製品の甘酒を買おうと悩んだのですが、甘酒の方は純米酒酒粕しかなく、大吟醸酒粕は期間限定品でいつ買いに行けるか分からないので冒険して酒粕を買いました。

 

f:id:ausasutno:20170823013124j:plain

 

豆知識ですが大吟醸は50%以上削ったお米、吟醸は以上40%、それ以外は30%以上削ったお米を使って作られます。だから大吟醸は高いことが多いんです。もしかしたら、このサイトに辿り着けるくらいの酒好きでしたら知っているかもしれないですね。

 そんな高級酒の酒粕なんて初めて聞いたので買わずにはいられませんでした。店員さんも自分で甘酒を作ると大吟醸の香りが引き立ててくれると言ってました。そして帰宅途中電車に乗ったのですが、封を開けてないのに大吟醸の香りがするんですよね。共学です。幸い、周りに人がいなかったので迷惑にはならなかったです。かばんに入れてもかばんの中が酒の匂いで充満しますが…。(冷蔵庫の中も気を付けなければ)

 

 そして甘酒を酒粕の袋の裏面に書いてあるレシピに従って作ってみました。

途中で味見してみたんですが、レシピの量だと砂糖が足りないのか、甘くなくて、砂糖を追加。合計でレシピの砂糖量1.6倍!?甘酒は健康に良いと聞いたんですが、体に悪そう...

 

 この時点で普通に甘酒を買った方が良かったと後悔。そして完成した甘酒をコップに入れて冷蔵庫で冷やしました。

f:id:ausasutno:20170823015027j:plain

 

  すると、熱かった時より冷やした時の方がより甘く感じて意外と美味しく飲めました。大吟醸の香りも健在です。ただ、作り方が悪かったのか、どろどろして飲みづらかったので水を追加して、冷やしなおしたらよりおいしくなりました。ここまできてようやく甘酒を自力で作ったほうがおいしくなりました。残った酒粕の使い道ですが京都の堀野記念館で買った酒粕カレーがおいしかったから、酒粕カレーに挑戦してみたいです。

 

一応作り方アドバイス

10人分

酒粕300g

水1200~1600㏄

砂糖150~200g

塩少々         (大吟醸酒粕の裏面に書いてあったレシピより)

 

手順1

酒粕をちぎって鍋にいれて、弱火で酒粕を溶かす。

手順2

火をとめて、砂糖と塩を入れて混ぜる。味見する。

手順3

一旦冷蔵庫の外で冷ます。熱くなくなったあとで冷蔵庫で冷やす。

(熱いまま入れると、冷蔵庫の温度が上がるため)

欲しい分だけ、コップに入れて小分けしてから冷蔵庫に入れると便利!

手順4

水分が抜けて、どろどろしていて飲みづらかったら、水を追加して、冷蔵庫で冷やす。

自分の場合は水と酒粕が1:1になるように水を入れなおした。

 

以上です。長文失礼しました。