おいしいワインと日本酒探し

ワインと日本酒を紹介します。オススメのワイナリーや酒蔵も紹介します。 おすすめのお酒とか、酒造巡りとか教えてくれたらうれしいです。

酒蔵15蔵以上を訪問した僕の初心者用日本酒の選び方

 日本酒は上級者向け、まだ若いからやめとこう、アルコールがきつそうだからやめとこうという人は多いはず!自分も昔はそうでした。しかし何を思ったのか観光地に酒蔵があるからただで飲めるし寄ろうと思ってそこで試飲したのがきっかけで日本酒を好きになりました。しかし、そんな都合の良い酒蔵は近くにないのが普通です…

 そこで、スーパーで使える選び方を教えます。

 先に言っておきますが、日本酒初心者は自分でお酒を買うのではなく、酒蔵で10種類くらい無料試飲(もちろん有料でも良いが)するのが絶対に良いです。スーパーで買ってはずれを引くと日本酒すべてが苦手と判断してしまうからです。(友達もこのケースでいしたが、試飲したのち日本酒の評価が上がりました(笑))

 

 さて本題に入ります。

 まず絶対に外したくない超初心者向けの日本酒が澪です。どこのスーパーでもコンビニでも売っている気がします。スパークリングタイプの日本酒ですが、日本酒独特の薬みたいな匂いがなく、かつ甘くて飲みやすいです。難点があるとすれば本格的な日本酒とは別物の味です。とはいえ、日本酒ビギナーはこれを足掛かりにして気に入ったら本格的な日本酒に挑戦するのがよいでしょう。大きさによりますが最低で300~500円台で挑戦できます。

 

 本格的な日本酒で一番のおすすめが純米大吟醸です。とりあえず、純米大吟醸と書いてあるボトルがおすすめです。15蔵くらいで試飲した結果、多くの蔵では香りが良くて味わいもフルーティーでスッキリとした甘さがほのかに広がる傾向にありました。あくまで傾向なので香りが弱いこともあります。いちおうアルコールがくぅ~っとくるきついものもありますが味は安定して美味しいです。

 

 二番目におすすめなのが純米吟醸にごり酒です。純米吟醸純米大吟醸よりも香りや味がフルーティーさにかけ、酒々しい味わいであることもたまにあります。大吟醸よりはすこし冒険気味でもありますが、日本酒になれると逆に酒々しいのがよかったりします。純米大吟醸よりも味にコクが欲しいなという人におすすめ。

 にごり酒のばあいは甘酒の日本酒バージョンみたいな感じです。甘酒の独特な味わいをそれなりに、あるいはほのかに持っている印象です。口当たりは上の二つに対して触感があるのでスッキリとした味が好きな人に向きません。さすがに甘酒ほど甘くはないですが、比較的飲みやすい気がしますが、これは場合によっては純米吟醸よりもやや冒険気味になるのかもしれないです。

 

 ネガティブになりますが初心者にあまりおすすめできないのがどぶろくです。濁酒とも書かれます。触感はにごり酒に近いのですが、甘さというか旨みに酸っぱさが増すような味わいです。どぶろくが飲める蔵にはまだであったことがなく一本分の感想になりますが日本酒の中でも少々癖を感じたので日本酒をある程度すきになってからの挑戦が良いです。とはいえ、その癖を気に入ったのであればたまにその味が恋しくなってしまいますが。

 

 最後にワインから日本酒を挑戦する人向けですが、朗報です。ワインよりも日本酒ははずれが少ないです。具体的に言うと自分に合わないお酒があっても、まずいきつい飲めないという銘柄はワインよりも少ないです。

 

 さて日本酒選びの参考になったでしょうか。お役に立てれば嬉しいです。長文失礼しました。